« 続々編・・・ | トップページ | 終らねぇ~~ »

2009年3月 6日 (金)

後編・・・

三時間掛けて書いたのに最後の笑文字のクリックが不味かったのか?
「エラーが発生しました」って消えやがったcrying


眞紀夫の左ポケットに仕舞った携帯が鳴る
「事件を知った晴子が心配して掛けてきたんじゃぁないか」と
電話に出るように促す

そこにNEWSで事件を知った晴子が現場に現れるが
晴子は携帯を使ってはいない
「晴子じゃぁない電話を鳴らしているのはお前だ
俺に携帯を取らせ警察に撃たせようってんだろ」
「それもまた一つの選択だ」

現場に駆けつけた晴子は自分の夫であることを証言する為に
岡田警部補に何かを見せていた様子(多分結婚写真?)
「彼の名前は?」偽名がバレる
「山崎眞紀夫です」
「何をしている?」
「会社を経営しています」

「この女性どっかで見たことあると思ったら山崎晴子ですよ
『ラブトライアングル』ラブトラの作家の・・・」と
有名人を見てテンションupの柴田デカ

眞紀夫に近づく晴子
「想像以上の美人だな」
「あれは、晴子じゃない」
その女は自分に付きまとうストーカーなんだと言う眞紀夫
「そうきたか、案外晴子は本当のことを知らずに
このまま死んだほうが幸せなのかもしれないね」と
狙われているのは眞紀夫だけではないことを仄めかす電話の男

遂に眞紀夫は明日香のことを晴子に告白する
男の声を反復するように
「電話をしたんだ・・・毎日毎日同じ時間に」
「ただ、遣りたかっただけなんだ」
(えぇーーっ「遣りたい」ってwobbly何を?smileそんな言葉(どんな?笑)
慶一郎に言わせないでよっcoldsweats01
小さな声で「ただ、遣りたかっただけなんだ・・・」(キャッheart01
大きな声で「ただ、遣りたかっただけなんだ」と催促する男の声
「ただ、遣りたかっただけなんだsign03
「ただそれだけなんだ・・・ごめん」
消え入るような涙声(heartバキューン)

この間の会話は「遣りたかった」の台詞があまりにも衝撃的impact
で、一切記憶にございませんwobbly

真実を告白すれば解放すると言った男だが一向に解放する気配を見せない
覚悟を決め電話を切り「投降する、撃たないでくれ」と両手を高く挙げ
外に飛び出す眞紀夫
だが晴子を狙うライフルの照準に気付く眞紀夫
再びボックスのベルが激しく鳴り響く
電話に出ることを懇願する眞紀夫に許可する岡田警部補

「お帰り眞紀夫くん、君にしては大胆な行動だったね」

そしてそこに明日香も現れる明日香を近づけるように命令する男
「放っておいてもこの手の女は勝手に喋りだす」
「眞紀夫さ~ん!大丈夫?私のせいでこんな風になっちゃったの?
貴方は狭い籠の中に閉じ込められた小さな青い鳥、いいのよ、その翼を広げて」
明日香の言葉に唖然とする眞紀夫(会場も場違いな台詞に笑声がcoldsweats01
「あっはは、どうやったらこんな発想になるのか
その頭の中を覗いてみたいもんだ」と失笑する男
「元はと言えばこの女がお前を狂わせたんだ一発ぶち込んでやろうか」

もう誰も傷付けたくない眞紀夫は何でも言う事を聞くという
男はボックスの天井に隠してある銃を取れという
テレクラ男を撃った銃と同じ口径の銃だ
天井の銃を探す振りをする眞紀夫だが銃は無いと言う
「眞紀夫くん、君は銃に指紋を付けたんじゃぁないのかい」と
男の言葉に焦る眞紀夫

それなら晴子か明日香のどちらかを選べばお前を助けてやるという
テレクラ男との乱闘で落ちたのか?床に落ちている指輪を拾おうとするが
そのままへたれ込んでしまう眞紀夫

鳴り響く雷thunder激しく鳴る雨音
「晴子か明日香か」
「俺にはできない、もう止めてくれ、もう耐えられない」
激しくなる雷雨に
「運がいいな、眞紀夫くん」

で暗転!続く(汗)

笑文字が怖くって開けなかったMちゃんでした(笑)
ランキングに参加中☆ポチッとよろ~ぉしく
ジャニーズブログランキング

|

« 続々編・・・ | トップページ | 終らねぇ~~ »

慶ちゃん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 続々編・・・ | トップページ | 終らねぇ~~ »