« 続編・・・ | トップページ | 後編・・・ »

2009年3月 6日 (金)

続々編・・・

女に二万円渡し・・・その場から立ち去らせた眞紀夫
「意外と繊細なんだなっ!あんな女の為に二万も出すとは・・・
そんなに繊細なら意識を集中してみろ!」
眞紀夫は自分の全身を見渡すと心臓の辺りで赤く光るものを発見する・・・
「覚えているか?福岡で起きた17歳の少年が射殺された事件!
彼はインターネットの掲示板で同級生や先生の中傷の書き込みをしていた
一度チャンスをあげたのに彼は書き込みを止めなかった・・・
そして記憶にも新しいだろう大阪の裏金事件・・身に覚えがないの一点張りで
・・・何処かに寄付でもすれば許してやったのに・・・
この2人に共通して言えるのは財布も何も取られていないということ・・・
つまり目的は『処刑』だっ!」と電話の男が言い終えた時には
ライフルの照準は眞紀夫の眉間に・・・
この時始めて男が本当に自分を殺そうとしていることに気付く眞紀夫


そこに、いくら探してもレイコさんがいないとテレクラ男が舞い戻る
「じゃぁ、俺の携帯使えよ・・・」と渡すがテレクラ男は怒って話しを聞こうとはしない
電話の男は「それはサクラだったのだと教えてやれと言う・・・」
「それはサクラだったんだ・・・女は初めっから来る気なんてなかったんだ」と
眞紀夫が言うと突然大声を出し持っていた傘で電話ボックスのガラスを突き破る
impactガシャーンと飛び散る破片
(キャーッと可愛く叫ぶ女子とオォッと低音で唸るオバsmile
眞紀夫の首を絞め喚き散らす男
「助けてやろうか?」と電話の男!「助けてやるから合図をくれ・・・」
テレクラ男の暴言に対しつい口癖で「お前が死ね」と言った瞬間


パンimpactと弾ける銃声


背中を血に染めフラフラと倒れこむテレクラ男
「あいつが殺した私も殺される・・・」と目撃したホステスもその場から逃げ出す
「どうして撃ったんだ・・・」
「君が言ったんじゃないか死ねって」
「口癖なんだ、本気で死ねなんて思ってない」
「言葉遣いには気をつけたほうがいい」
ここで電話の男から気付かれないようにジャケットを半分脱ぎ
(視界を悪くする為に?)ネクタイを片手で緩め
自分の携帯から110「はい、こちら警察!事故ですか?事件ですか?」
「どうして殺したんだ」「だからって殺すことはないだろう・・・」と
電話男との会話の振りをしてなんとか警察に気付いてもらおうと必死の眞紀夫
「悪戯なら切ります・・・」と無常な警察

ピーポーピーポーのサイレンと共にホステスがめちゃめちゃ口が悪い
キレてる歌舞伎町交番勤務の柴田警部補を連れてやってくる
「あの男が殺した」
「10数えるまで待ってやる、そしたら出てこい10、9、8、7、
よぉし判ったそっちがその気なら・・・」(10数えてないしsweat01
「10数えてから言ってくれよ・・」って眞紀夫!確かに!(笑)

そこに草刈」正雄扮するハンサムデカ
警視庁捜査一課特殊犯係岡田警部補も登場paper
(ここで完全にDANGER KEEP OUTで包囲される”電話箱”
それにしてもパンフの慶一郎超かっこいい~~heart01脱線wink
私が交渉に当たろうと眞紀夫に近かづくハンサムデカ岡田
丸腰が基本だからと自分の銃を柴田に渡す
「何かあったら後ろから撃っちゃいましからバンバン避けちゃって下さい」ってオイオイsmile「えぇ・・・?君の名前を聞かせてもらおうか?」
「佐伯」(だった?coldsweats01
「君が遣ったのか?」
「俺は殺してなんかいないし、銃も持っていない」
「電話を切って外に出て来てくれないかねっ!」
「電話は切れない・・・」その繰り返しの眞紀夫

「君の母親をここに呼んでもらいたまえ」と電話の男
「俺にはお袋はいない・・・俺が幼いころに畑仕事をしていて落雷に遭って死んだんだ」
「君らしくない嘘だねぇ眞紀夫くん」
「俺のお袋をここに呼んでくれ」と警察に言う眞紀夫!

そこで、眞紀夫のポケットに仕舞った携帯が鳴る・・・・続くcoldsweats01



今日はカレンダーの発売日~♪
ランキングに参加中☆ポチッとよろ~ぉしく
ジャニーズブログランキング

|

« 続編・・・ | トップページ | 後編・・・ »

慶ちゃん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 続編・・・ | トップページ | 後編・・・ »